便秘の種類をチェック【便秘薬で改善するために】

ロゴ

主な便秘の原因

一口に便秘と言っても、原因は様々です。直腸の動き自体が弱く、体外に便を排出しようとする力が足りずに便が溜まってしまうケースや、直腸の力はあっても便が固くなりすぎて、いくら力んでも出ないという場合もあります。慢性的な便秘の場合、これらの問題は食生活や日頃の運動不足からきていることも多いです。

便秘の主な症状3選

女性

弛緩性便秘

便を肛門から体外に排出するときのぜん動運動が弱くなってしまい、直腸から先に便が進まずに排出できないことで起こるのが弛緩性便秘です。原因の一つとして、体内の水分が不足して便が固くなってしまったりすると力を入れても排便しづらくなり、弛緩性便秘につながってしまいます。

けいれん性便秘

弛緩性便秘の場合とは逆で、ぜん動運動が強くなりすぎることで腸がけいれんを起こしてしまい、直腸より先に便が進まなくなってしまうのがけいれん性便秘です。こちらはストレスが原因となり、起こる事が多いです。

直腸性便秘

直腸まで便が進んでいるけれど、何かしらの原因で便意が起こらずに便秘となってしまうケースが直腸性便秘です。原因として、人前でトイレに行くのが恥ずかしいといったような理由で我慢してしまい、結果として便秘となるという場合があります。

便秘薬の選び方

CMなどでよく取り上げられるので聞いたことのある方も多いでしょうが、便秘薬には大きく分けて刺激性と非刺激性の二種類のものがあります。刺激性の場合は腸に刺激を与え排便を促すもので、非刺激性は便を柔らかくして排出しやすくするものです。腸の動きが悪い場合は刺激性、便が固くなって出にくくなっている時は非刺激性と場合によって使い分ける事が大切です。

便秘の人と快便の人の差とは?

大蠕動運動で差がつく

大蠕動運動は大腸が大きく動く運動のことで、ゆっくりな動きの蠕動運動の200倍もの力があります。この大蠕動運動は一日に数回しか起こらず、食事と食事の間に何も食べず8時間以上開けることで起こすことができます。これを起こすか起こさないかで便秘の人と快便の人の差ができます。

食物繊維をきちんととる

便秘の原因の一つとして、便が固くなりすぎる場合があります。便を柔らかくするのに重要なのが日頃の食生活です。特に、食物繊維は便を柔らかくする働きや便の量を増やし、排出しやすくするという役割を持っています。そのため、きちんと食物繊維をとることで便秘の人と快便の人の差ができます。

便秘薬の効果を把握しよう【有効な薬を使う】

便秘の腸

便秘薬の効果

便秘薬には色々なタイプのものがあり、効果も変わってきます。腸に刺激を与えて、排便のきっかけづくりをしたいなら刺激性のタイプのものを選ぶと効果的ですし、便が固すぎて自力で排便しづらいといった場合には非刺激性で、便を柔らかくして排便をスムーズにしてくれる効果のあるものを選ぶようにしましょう。便秘薬を効果的に使用するには、まずは自分の便秘の原因がどこにあるのかしっかりと把握することです。それによって、有効な便秘薬が変わります。また、ダイエット効果を得たいのであればマイブレイクレッドスムージーを活用してみると良いです。マイブレイクレッドスムージーは置き換えダイエットとして利用することができ、またチアシードのスーパーフードが含まれているものだと健康維持にも効果的と言えるでしょう。腸内環境も整えることができるため薬に頼るのが嫌だと思う人はマイブレイクレッドスムージーを活用するのも一案だと言えます。

ネスレ日本株式会社

利用者の声が数多く紹介されていますよ。便通改善に最適な健康食品をコチラで購入!

マイブレイクレッドスムージーを利用して理想の体型をGET☆

広告募集中